血糖値を下げる薬の副作用

○血糖値を下げる薬の副作用


病院で糖尿病と診断された時、一般的に
「食事と運動に気をつけ、薬を飲んでください」と、
当たり前のように血糖値を下げる薬を処方されます。



しかし、実は血糖値を下げる薬には
生命にかかわりかねない
危険な副作用があることをご存知でしょうか?



お医者さんに処方された血糖値を下げる薬だし、
安全だろうと思われてる方も多いかもしれません。
ここに大きな誤解があるのです。



実は血糖値を下げる薬には副作用の危険があり、
一番怖いのは「低血糖障害」です。



そもそも糖尿病とは「血糖値が異常に高くなる病気」
そのために「血糖値を抑える薬」を飲むわけです。



ですが、薬が効きすぎると
逆に血糖値が下がりすぎる「低血糖障害」に
なってしまうことがあるのです。



そして、副作用は決して珍しいものでなく実際、
低血糖による被害が多数報告されています。



※このような症状が出たら・・・


・血糖値68mg/dL〜 だるい・発汗・あくび

・血糖値53mg/dL〜 動悸・吐き気・手足の震え

・血糖値48mg/dL〜 ろれつが回らない・異常な行動

・血糖値30mg/dL〜 けいれんや昏睡状態・死




このように、血糖値を下げる薬は
常に低血糖の危険と隣り合わせです。


しかも低血糖は、処置を間違うと最終的に昏睡、
場合によっては死に至ることもある危険なものです。


血糖降下剤を飲んでいる方は、

「もし、出先で低血糖になったら・・・」
「一人でいるときに低血糖になったら・・・」

と、常にブドウ糖を持ち歩かなければならず、
それだけ低血糖は危険で、常に気をつけなければならない
副作用なのです。


もし、寝ている間に低血糖になった場合、
本人はもちろんのこと、家族も気付かず朝まで放置・・・


などということにもなりかねないのです。


実際に、「重症低血糖を起こした人の57.1%は就寝中」
というデータがあるように、糖尿病の薬は、
決して安易に飲む薬ではないのです。


○糖尿病を3日で改善させる藤城式食事法


糖尿病に苦しむ人とそうでない人の違いは、
“ある事”を知っているか、知らないか。


それだけの違いだったのです。
自然と正しい食生活をしている人は、
糖尿病にはならないのです。


その“ある事”を知ると、あなたの血糖値は自然に下がっていき、
糖尿病に悩まされることのない、健康な体になることができます。


もう副作用の怖い薬も、面倒な注射も必要ありません。
糖尿病合併症の不安もなくなり、
若いころのような健康な体を手に入れることができるのです。


糖尿病を3日で血糖値を下げ改善する藤城式食事法を実践する
posted by fujisirosiki at 16:41 | Comment(0) | 血糖値を下げる薬の副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病の原因

糖尿病の原因は、症状によって変わってきます。


・1型糖尿病
 膵臓のβ細胞が破壊してしまうことにより、
膵臓からインスリンが出なくなり発症する糖尿病で、
原因は自己免疫性、ウイルス感染、特発性(原因不明)など。


血糖値を下げる唯一のホルモン「インスリン」が体内で作られないため、
外からインスリンの補充が不可欠で、血糖値はどんどん上がってしまいます。
つまり、生存のために毎日のインスリン注射が絶対に必要。


子どもの頃に発症することが多い病型ですが、
中高年の方にも認められることがあります。

・2型糖尿病
糖尿病患者さんの約9割がこの型に当てはまり、
親兄弟に糖尿病にかかっている人がいることが多く、
遺伝が強く関係しているといわれる。


そのほか、過食・肥満・運動不足・ストレス・加齢などの
複数の因子が絡み合うことで、
インスリン分泌・働きが低下し、2型糖尿病を発症。


中年以降の発症例の多くは2型糖尿病であり、
肥満になると、インスリンの働きが低下して
2型糖尿病になりやすくなる。


・その他特定の疾患等によるもの

とてもまれな、遺伝子の異常による糖尿病、
肝臓病や甲状腺の病気に合併する糖尿病、
膵臓の手術後、インスリンが出なくなり発症する糖尿病、
ステロイドホルモンなどの薬により発症する糖尿病などがある。




○糖尿病を3日で改善させる藤城式食事法


糖尿病に苦しむ人とそうでない人の違いは、
“ある事”を知っているか、知らないか。


それだけの違いだったのです。
自然と正しい食生活をしている人は、
糖尿病にはならないのです。


その“ある事”を知ると、あなたの血糖値は自然に下がっていき、
糖尿病に悩まされることのない、健康な体になることができます。


もう副作用の怖い薬も、面倒な注射も必要ありません。
糖尿病合併症の不安もなくなり、
若いころのような健康な体を手に入れることができるのです。


糖尿病を3日で血糖値を下げ改善する藤城式食事法を実践する
posted by fujisirosiki at 10:31 | Comment(0) | 糖尿病の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病の症状について

糖尿病とは、インスリンというホルモンの作用の低下によって、
体内に取り入れられた栄養素がうまく利用されず、
血液中のブトウ糖(血糖)が多くなっている状態を言います。


・膵臓からのインスリンの分泌不足による場合(インスリンが不足している状態)
・肥満などによりインスリンの作用(効果)が出にくいの場合(インスリンはあるが
血糖値が下がらない状態)
・または、両者の組み合わさった状態


※インスリン・・・血糖値を下げるホルモンのことを言います。


○糖尿病の症状

成人に多い糖尿病(2型糖尿病)では、
多くの場合無症状で始まりますが、重要なのは、健康診断などで、
この無症状の時期に、糖尿病を発見することです。


糖尿病がひどくなると多尿、のどが渇く、空腹、体重の減少、
疲れやすい、手足のこむらがえり(足がつる)等の症状が出ます。
時には意識障害(糖尿病昏睡)となる場合もあります。


○1型糖尿病と2型糖尿病

□1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)

・日本人の糖尿病患者さんのうち約3〜5%が1型と言われ、
比較的急激に発病。(多尿、のどの渇き、やせなど)


・幼児期から青年期に発症することが多いとされていますが、
高齢者も含めあらゆる年齢で発症。


・膵臓のインスリンをつくっている細胞が破壊され、
インスリンがほとんどつくられない状態へ。インスリン注射をしないと昏睡に。



□2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)


・日本人の糖尿病患者さんのうち約95%が、この2型糖尿病で、
徐々に血糖があがり、無症状の時期が長い糖尿病。


・成人に多い糖尿病、しかし食生活の変化に伴い
最近では小児でも。


・糖尿病になりやすい素質をもっている人に肥満・アルコール・精神的ストレス
などの誘因が加わって発症。治療は主に、食事療法と運動療法。




○糖尿病を3日で改善させる藤城式食事法


糖尿病に苦しむ人とそうでない人の違いは、
“ある事”を知っているか、知らないか。


それだけの違いだったのです。
自然と正しい食生活をしている人は、
糖尿病にはならないのです。


その“ある事”を知ると、あなたの血糖値は自然に下がっていき、
糖尿病に悩まされることのない、健康な体になることができます。


もう副作用の怖い薬も、面倒な注射も必要ありません。
糖尿病合併症の不安もなくなり、
若いころのような健康な体を手に入れることができるのです。


糖尿病を3日で血糖値を下げ改善する藤城式食事法を実践する




posted by fujisirosiki at 09:37 | Comment(0) | 糖尿病の症状について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。