糖尿病の症状改善に食事療法

○糖尿病は一生治らないのか??


いいえ、そんなことはありません。
実は、糖尿病を克服する為にあなた自身で
できることはたくさんあります。


まず最初に、あなたが取り組むべきことは、
食事や生活習慣を正しく改善していくこと。


それだけでも糖尿病はかなりの確率で改善していきます。


「本当に食事だけで糖尿病が治るのかな・・・」と思われるかもしれませんが、
あなたが糖尿病になってしまった原因も食事なのです。


間違った食習慣で糖尿病になってしまったのですから、
食習慣を正しく変えればよいのです。
正しい食事法はあなたの体をガラリと変える力を持っています。


厚生労働省も、糖尿病治療にはまず食事などの生活習慣の改善が必要、
としています。
また、日本糖尿病学会も「まずは食事と運動が重要」と発表しています。

「東京宣言2008」より


糖尿病は治らない病気だと言われていますが、これを克服し、
上手にコントロールしている方はたくさんいるのです。


実際、私の元へは糖尿病に苦しんでいる方が毎日のように訪れます。
そしてその方達は全員、薬も注射も一切使わずに、
この食事法だけで血糖値を改善させているのです。


あなたも、正しい食事療法で糖尿病を克服してみませんか?
この食事療法を行えば、今から2ヵ月後にはあなたは血糖値を今より改善、
糖尿病を上手くコントロールしているはずです。

糖尿病を3日で血糖値を下げ改善する藤城式食事法を実践する


○糖尿病の食事療法指導の常識は??


「高カロリー食品の食べすぎ」
「肉や脂っこいものをとりすぎ」が糖尿病の原因だと
思っているのであれば、大きな勘違いをしています。


実は、高カロリー食や高脂肪食を減らせば
血糖値が下がるということではないのです。



例えば、食パン1枚とステーキ1枚。
どちらのほうが血糖値を高めると思いますか?


なんと、答えは食パン1枚なのです。


意外と思われるでしょうが、確かに、カロリーだけを比べれば、
圧倒的にステーキの方が高カロリーですが、
ステーキでは血糖値は上がっていません。



食べた後の血糖値を急上昇させるのは
食パンの方なのです。


特に、パンや白米、うどんやそばなどの炭水化物は、
食後の血糖値を急上昇させ、カロリーと血糖の上昇値は、比例しないのです。


こういった事実を、ほとんどの人は知りません。
食事による摂取カロリーを計算しても、
食後の血糖値上昇率までは測定していないからなのです。


ですから、病院などでも「カロリー計算による食事療法」
しか出来ていないのが現状。


そもそも、病院で指導される食事療法は、米国の指針をもとに
厚生労働省がそのまま輸入して作ったもので、
狩猟民族である欧米人に適した食事と、農耕民族である日本人に
適した食事が同じであるわけがありません。


それに、欧米人と日本人では腸の長さも違い、
日本人は欧米人より腸の長さが長く、動物性食品よりも
植物性食品の方が日本人には適しているのです。


また、日本人と欧米人では、すい臓から分泌される
インスリンの量も大きく違うといわれています。


欧米人はインスリンの分泌量が日本人より多く、そのため、
欧米人は肥満が多くても糖尿病患者は少ないですが、
欧米化した現代のファーストフード主流の食物は、
日本人の糖尿病患者を今後ますます増加させる原動力になります。


ではいったいどうすればいいのか??
日本人は、元々、玄米と野菜で育ってきました。
生きた野菜の、ビタミン・ミネラル・エネルギーをもらって生命を維持しています。


日本人にあった糖尿病の食事療法の詳細はこちらから

posted by fujisirosiki at 11:21 | Comment(0) | 糖尿病の症状改善に食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。