血糖値を下げる薬の副作用

○血糖値を下げる薬の副作用


病院で糖尿病と診断された時、一般的に
「食事と運動に気をつけ、薬を飲んでください」と、
当たり前のように血糖値を下げる薬を処方されます。



しかし、実は血糖値を下げる薬には
生命にかかわりかねない
危険な副作用があることをご存知でしょうか?



お医者さんに処方された血糖値を下げる薬だし、
安全だろうと思われてる方も多いかもしれません。
ここに大きな誤解があるのです。



実は血糖値を下げる薬には副作用の危険があり、
一番怖いのは「低血糖障害」です。



そもそも糖尿病とは「血糖値が異常に高くなる病気」
そのために「血糖値を抑える薬」を飲むわけです。



ですが、薬が効きすぎると
逆に血糖値が下がりすぎる「低血糖障害」に
なってしまうことがあるのです。



そして、副作用は決して珍しいものでなく実際、
低血糖による被害が多数報告されています。



※このような症状が出たら・・・


・血糖値68mg/dL〜 だるい・発汗・あくび

・血糖値53mg/dL〜 動悸・吐き気・手足の震え

・血糖値48mg/dL〜 ろれつが回らない・異常な行動

・血糖値30mg/dL〜 けいれんや昏睡状態・死




このように、血糖値を下げる薬は
常に低血糖の危険と隣り合わせです。


しかも低血糖は、処置を間違うと最終的に昏睡、
場合によっては死に至ることもある危険なものです。


血糖降下剤を飲んでいる方は、

「もし、出先で低血糖になったら・・・」
「一人でいるときに低血糖になったら・・・」

と、常にブドウ糖を持ち歩かなければならず、
それだけ低血糖は危険で、常に気をつけなければならない
副作用なのです。


もし、寝ている間に低血糖になった場合、
本人はもちろんのこと、家族も気付かず朝まで放置・・・


などということにもなりかねないのです。


実際に、「重症低血糖を起こした人の57.1%は就寝中」
というデータがあるように、糖尿病の薬は、
決して安易に飲む薬ではないのです。


○糖尿病を3日で改善させる藤城式食事法


糖尿病に苦しむ人とそうでない人の違いは、
“ある事”を知っているか、知らないか。


それだけの違いだったのです。
自然と正しい食生活をしている人は、
糖尿病にはならないのです。


その“ある事”を知ると、あなたの血糖値は自然に下がっていき、
糖尿病に悩まされることのない、健康な体になることができます。


もう副作用の怖い薬も、面倒な注射も必要ありません。
糖尿病合併症の不安もなくなり、
若いころのような健康な体を手に入れることができるのです。


糖尿病を3日で血糖値を下げ改善する藤城式食事法を実践する
posted by fujisirosiki at 16:41 | Comment(0) | 血糖値を下げる薬の副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。